【大判プリント】持込布地への印刷の一部サービス終了について

Information

【大判プリント】持ち込み布地への印刷の一部サービス終了について

今まで大判プリントにて、
手芸店等で購入した布(印刷非対応の布)にも印刷できるサービスを行っておりましたが、
・今まで使用していた布印刷への加工剤の入手が出来なくなったこと(開発終了)
・布印刷の外注できる店舗や会社、サービスが増えたこと
以上に伴い、本年度(2019年度)をもってサービスを終了致します。

また現在加工剤の残量も減ってきていることから、
利用者の使用状況によっては、年度内に終了する可能性もあります。

その場合同じ加工剤が用意できないため、以下の方法を検討してください。
・インクジェットプリント対応の布を購入し印刷
・布印刷を請け負っている業者への印刷発注
・他の技法で布への表現ができるものに変更(シルクスクリーンなど)  等
の方法を取って頂くようになります。

引き続きインクジェットプリント対応の布の持ち込み印刷は可能です。
来年度以降サービス内容に変更がある場合は、事前にサポートサイトにてお知らせします。

学外の布印刷のサービスについて、一部を紹介します。参考にしてください。
大判プリント対応店舗情報
用紙の通販・店舗情報

1301 StaffRoom