Rawデータを汎用性の高いDNG形式に変換する

デジタルカメラRAWファイル用に一般公開されたアーカイブ形式の画像フォーマットRAWファイル形式は、従来のJPEG形式やTIFF形式よりも高い柔軟性、品質、および創造性を備えているため、デジタル写真ワークフローで頻繁に使用されています。

ただし、JPEGやTIFFとは異なり、RAWファイル形式の標準仕様はありません。ほとんどのカメラで固有のRAW形式が採用されており、その仕様が標準化されていないために、ソフトウェアアプリケーションによっては、特定のRAWファイルを読み取れないこともあります。
このため、画像データを長期的に保管する場合、カメラ固有のRAWファイル形式を使用することはリスクを伴う可能性があります。また、複雑なワークフローでカメラ固有のRAWファイルを共有することは、保管よりもさらに困難な課題を伴います。

このような問題を解決するのが、デジタルカメラで撮影されたRAWファイル用のアーカイブ形式として一般に公開されているDigital Negative(DNG)です。DNGは様々な機種のカメラで撮影されるRAWファイルのオープンスタンダードとして登場しました。DNGを使用することで、将来的にもRAWファイルを確実に読み取ることができるようになります。

Apple、Canto、Extensis、iViewをはじめとするソフトウェアメーカー数十社が、自社製品にDNGサポート機能を搭載しています。 また、カシオ、ハッセルブラッド、ライカ、リコー、サムスンといった一流カメラメーカー各社も、DNGを直接サポートするカメラの発売を開始しています。

デジタルカメラのRAWファイルからDNGファイルへの変換も、アドビが無償提供するAdobe DNG Converter(Windows® | Mac OS)によって、すばやく簡単に行えるようになりました。DNG Converterは、現在メジャーなデジタルカメラのほとんどに対応しています。

(Adobe公式サイトより引用)
公式サイトよりAdobe DNG Converterをダウンロードして、使用できます。
Adobe公式サイト