InDesignで両面印刷するには

最も簡単なのは、プリント設定の[両面]にチェックを入れて自動で両面印刷をする方法です。
普通紙〜厚紙1程度の厚さであれば自動両面印刷が可能です。
ただし、裏表のズレが大きくなってしまうことがあるので注意してください。
※無線綴じの場合はトンボ・ぬりたし処理をすることでズレが生じても、裁断時に紙の地が出にくくなります。

両面のズレをできるだけ少なくするためには、偶数ページ奇数ページに分けてデータを送信し、それぞれ手差しでプリントを推奨します。
【手順】
1.プリント画面の[順番]から奇数ページのみを選択してプリントします。その他の設定は教室にある[プリントのてびき]を参照してください。
2.同様に偶数ページのみを選択してプリント送信し、奇数ページを印刷した用紙の裏面にプリントします。

ページ数が多いと[データが100MBを超えている]というPopupメッセージが表示され、プリント出来ないことがあります。
その場合はすべてのページを一度にプリント送信せず[ページ:範囲]を指定して何回かに分けてプリントしましょう。
*[1-9]のようにハイフンで数字をつないで入力すると1ページ目から9ページ目までが印刷され、[1,9]のようにコンマで区切って入力すると1ページ目と9ページ目が印刷されます。

*機械の精度上どうしても1〜3mmのズレが生じることがあります。